HOME>アーカイブ>船舶免許を取るメリットと免許が必要な職業

船舶免許を取得するメリット

船舶免許を取得すると、ボートやヨットをレンタルして釣りやマリンスポーツを楽しむことができます。

船舶免許が必要な職業

色々な職場で活用できる公務員

自衛官や警察官、消防士などは取得していると緊急時に素早く動けます。

海の上が職場の海運業

海運業は大型船舶も乗りこなすため船舶免許は必須です。

専門技術が必要な港湾土木

港湾土木は海底での業務もあるため船舶免許が必要です。

クルーズなど観光関連の仕事

船舶免許があれば、m屋形船やクルーザーで観光客を楽しませることができます。

海に出なければ仕事にならない漁師

漁師は魚を捕るために海に出なければならないので船舶免許が必要です。

運転する乗り物の種類で違いがある

初心者マークを持つ人

ある程度のサイズのボートなどを運転するような場合は、事前に船舶免許を取得しないといけないです。ジェットスキーや水上バイクを運転する場合とボートでは免許の種類に違いがあるので、その点は注意が必要になります。

教習所を利用すると簡単

車の鍵

船舶免許を取得するには教習所を利用するのが簡単になりますから、どのように取得すればいいのか分からない場合は早めに専門の教習所を見つけるのが大切になります。自動車の運転免許を取得するのと似たような感じで、教習所ではボートなどを運転するときに必要となる知識やスキルを効率的に身につけていくことが可能です。船舶免許は自動車の運転免許よりも早く取得することができますから、そこまで時間を用意できないような人でも安心できます。